// // //

【Mac】ショートカットで簡単に隠しファイル・フォルダーを表示する方法解説

Mac_hide_01 Blog/Word_Press/Web
Mac_hide_01
この記事は約2分で読めます。

Macのことを色々と調べて勉強していくと、.sshや.dropboxといった初めに"."のあるフォルダーやファイルを目にすることがあると思います。これらは隠し(不可視)フォルダー・ファイルを言われて、通常の方法では画面上に現れてきません。

その理由はこれらのフォルダー・ファイルの中身が変更されたり、消去されたりするとシステム全体に影響して、最悪OSそのものが立ち上がらなくなる可能性があるからです。小さな子供から、危険なものを手の届かない高いところに隠しておくようなイメージでしょうか。

以前は、ターミナルからの操作やアプリが必要でしたが、macOSのSierraからはショートカットで表示・非表示の切り替えができる様になりましたので、ご紹介します。

切り替えのショートカットは"command" + "shift" + "."です。以下に簡単な例を示します。

スポンサーリンク

ショートカットの使用例

みゆきメダカ
みゆきメダカ

下のスクショは通常の環境で、隠しファイルは表示されていないよ。

Mac_hide_03
Mac_hide_03

みゆきメダカ
みゆきメダカ

同じ画面でショートカット"command" + "shift" + "."を使うと今まで表示されていなかった隠し(不可視)ファイルを少し薄めに表示されるよ。この状態の隠しファイルはクリックなどに反応するよ。

Mac_hide_04
Mac_hide_04
みさきメダカ
みさきメダカ

今回は隠し(不可視)フォルダー・ファイルの表示方法をお話ししたけれど、システムの安定性を考えて、出来るだけ表示しない様にしようね。

それじゃ、バイバイ。

コメント