// // //

ブログで収入が得られる仕組みの解説【初心者・副業向け:雑記ブログの場合】

blog_profit_00 Blog/Word_Press/Web
blog_profit_00
この記事は約8分で読めます。

大々的に副業・複業が推奨されている現在、ブログというメディアを使って本業とは別に収入を得たいと考えておられる方は多いのではないでしょうか。特に、日本の伝統的な終身雇用が崩れ行く現在、リスク分散の為に、副次的な収入源を今のうちに確保したいと思うサラリーマンの方には少なくありません。

今回は、初心者の方を対象に、ブログ(特に雑記ブログ)で収入を得る事ができるのは、どのような仕組みよるものなのかをWordPressで作成した雑記ブログを念頭に解説していきたいと思います。

ブログは初め軌道に乗るまでは時間はかかりその間収益はごくわずかですが、辛抱強く継続すると必ず収益が出る収入源です。初期投資もほとんどなく、長い目で見れば最終的にコストパフォーマンスが高い副業対象です。

このブログを読み終えるのにそれほどお時間はかかりません。最後までお付き合いいただければ嬉しいです。

また、WordPressて何?といった方や、WordPressと無料ブログサービスとの違いは何?という方は、以下のリンクから、まずはぼくの記事を読んで理解を深めてくださいね。

それでは早速、始めていきましょう。ブログによる主な収入を得る方法を分類すると大きく以下の3つに分類されるかと思います。

  • アドセンス広告による収入
  • ブログアフィリエイトによる収入
  • リストマーケティング(コンテンツ販売)による収入

上記の方法のうち、リストマーケティング(コンテンツ販売)はうまく行うと大きな収入を得る事ができるのですが、ブログ以外にも仕組みの構築が必要で、初心者向きではないので、ここではそれ以外の2つに絞って解説していきます。

注:リストマーケティングは手段による分類で、コンテンツ販売は(販売)対象による分類なので、厳密には意味は異なりますが、ここでは便宜上まとめています。ご了承ください。

アドセンスとアフィリエイトの違い解説

blog_profit_01
blog_profit_01

それでは、アドセンスとアフィリエイトの違いをそれぞれを個別に説明することによって行なっていきます。また、念の為、誤解のないようにしておきますが、多くのブログでは、アドセンス広告とアフィリエイト広告は両立しています。つまりどちらかを選択する必要はありません。

しかし記事に貼れる広告には限りがある(記事が多すぎると、読者に嫌われて、途中で離脱されてしまう)ため、どちらの広告に力を入れるかは、状況に応じて判断しなければいけません。

多くのブログの場合、開始当時は難易度の比較的低いアドセンス広告から始めて、次第に段階的に収益が得やすいアフィリエイト広告に移行して行くように思います。

アドセンス広告による収入

現在、アドセンス広告はGoogleAdSenseの一択です。この方法はクリック型広告とも言われ、簡単に言うと、ブログに設置した広告を読者がクリックすると報酬がもらえる仕組みです。

アドセンスを始めるには、ブログを作り、Googleにアドセンスの申し込みを行い、審査に合格すれば、自分のブログにアドセンスの広告を貼れるようになります。後は、広告のクリック数とその報酬単価によってGoogleから報酬が振り込まれるようになります。

アドセンス広告のメリット

  • クリックされれば収益が発生するので、比較的簡単に収入を得る音ができる。
  • 広告の選択はGoogle側が自動的に行うので、広告を探す必要がない。
  • 広告のリンク切れの心配がないので、メンテを行う必要がない。(少ない)
  • マーケッティングに配慮せずにブログ記事を書く事ができる。(マーケッティングライティングの知識が要求されない。)

アドセンス広告のデメリット

  • 収益の平均単価が約30円と低く、まとまった収入を得るためには、ブログとしてかなり多くのPVを獲得する必要がある。
  • 広告を自主的に選べないため、セールスライティングの知識を活用できない。
  • GoogleAdSenseを始めるには、Googleの審査に合格しなければいけない。

アドセンス広告による収益の概算計算方法

次に、アドセンスでの収益の簡単な計算方法を紹介します。

広告収益 = PV  x  CTR(ページCTR) x  広告報酬単価

上記が一般に言われる、アドセンス広告の収益計算方法です。ここでのPVはみなさんご存知の月間Page View、CTRはClick Through Rateでクリック数を広告やページの表示回数で割った通知です。GoogleAdSenseでは、CTRとページCTRの2つの数字がありますが、上記の式ではページCTRを使います。

一般的にページCTRは1%,広告報酬単価は平均30円と言われています。ぼくのブログでも概ねその数値に行ってしています。つまり、月間1万PVのブログサイトの場合、月間3,000円の収益がアドセンスだけから期待できるという事です。また、広告報酬単価はGoogleさんと広告主さんに依存しますし、ページCTRは広告の配置方法により改善することはできますが、それには限りがありますので、ブログ主としては、PVを増やす事が実質唯一の収益改善方法です。

ブログアフィリエイトによる収入

アドセンスの広告元がGoogle一択なのに対して、アフィリエイトの広告元(ASP:アフィリエイトサービスプロバイダー)はかなりの数が存在します。

アフィリエイト広告の始め方は、まずブログを使って、気に入ったASPに申請を行い、審査に合格すればASPからの広告を自分のブログに貼れるようになります。ASPのサイトから気に入った広告を探して、広告主に申請を行い、その広告を自分のブログ記事の気に入った場所に貼ります。

あとは、ブログの読者がブログの広告をクリックして、広告主のサイトに移り、契約が成約すれば広告報酬単価に従い、ASPから報酬が支払われます。

ブログアフィリエイトのメリット

  • 好みの広告を記事の好みの場所に貼れる。
  • 広告報酬単価が比較的高い。(高いものを選択できる。)
  • セールスライティングの知識・技術を活用して収益アップできる。

ブログアフィリエイトのデメリット

  • 広告のクリックだけでなく、その後に購買が成約しないと報酬にならない。
  • 広告リンク切れの確認などメンテナンスを行う必要がある。

ブログアフィリエイトによる収益の概算計算方法

広告収益 = PV  x  CTR(ページCTR) x (CVR)  x  広告報酬単価

アフィリエイトではアドセンスの式に加えて、CVR(Conversion Rate:広告成約率)というファクターが新たに導入されます。この広告成約率はブログのアフィリエイト広告を読者さんがクリックして、広告主のサイトに移った後、どれだけの確率で成約したかを示すファクターです。

基本的にCVRは読者が広告主に移った後の出来事なので、これを改善することはできませんが、CVRが高そうな広告を選ぶことはできます。(ASPのサイトから広告主のサイトを確認できます。)

アフィリエイトでの収入を多くするには、報酬単価を選ぶことと並んで、CVRが高い広告を選ぶことが重要になります

ブログで収入を得るためのコツ

blog_profit_02
blog_profit_02

ブログで収入を得るためにやるべき事

  • WordPressでブログを作り、適切なレンタルサーバーサービス業者とドメインサービス業者を選ぶこと。
  • 記事の作成を習慣化して継続すること。
  • 書きたい記事を書くのではなく、需要のある、読者のためになる記事を書くこと。
  • まず、自分の知識、ターゲットとする広告の内容を考慮して、キーワードを仮決定すること。
  • その仮キーワードの検索件数を確認し、適切な検索件数のキーワードに加工し、キーワードを決定すること。
  • 決定したキーワードの検索結果トップ10の記事と比較して、自分の記事がトップ10に入れる可能性があるか考察し、あると思えばそのまま作業を進め、なければ別のキーワードを探す。
  • 決定したキーワードの検索結果の少なくてもトップ10の記事を確認して、そこから有益な情報を取得すること。
  • 決定したキーワードに沿って自分の知識とネットから得た知識をもとに記事を書くこと。

収益化を目的にブログを始めるのあれば、無料ブログサービスではなく、WordPress(WordPress.comではなくWordPress,org)で信頼のできるレンタルサーバーサービス業者とドメインサービス業者と使ってブログを始めることが肝要です。

ブログは長期にわたって運営されるべきメディアであり、レンタルサーバーサービス業者やドメインサービス業者も長期にわたり安定した 事業を継続できるものではなければなりません。また、サーバーに関しては、技術的な性能と安定性も同時に要求されます。

上記の理由により、レンタルサーバーサービスとしてはWordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』をオススメします。レンタルサーバーサービス業者として定評のあるエックスサーバーのWordPressに最適化したサービスです。

また、ドメインサービス業者としては、お名前.comと前述のエックスサーバーのドメインサービスエックスドメインをオススメします。

その理由は、お名前.comはドメインサービス業者として、日本では最大手であり、豊富なドメインを手頃な価格で提供していること。レンタルサーバーサービスにエックスサーバーを使い、ドメインサービスにエックスドメインを使うと面倒なサーバーとドメインの紐付けを自動で行ってくれるからです。

ブログで収入を得るためにやってはいけない事

  • 書きたい記事を書くこと。(ブログの記事としては問題ないが、収益を目的としたブログの場合はダメ。)
  • いつまでもアドセンス広告に固執する。
  • いつまでも雑記部ブログに固執する。
  • 無料ブログサービスで収益化を試みる。

書きたい記事を書いてはいけないということを始めて聞いた時、ぼくはとても違和感を感じました。でも、その後、これは収益を得るためにはとても重要なことだと認識するようになりました。

収益を上げるためには、需要がある記事、読者のためになる記事を意識的に書く必要があります。ただ、闇雲に需要を追い続けるのではなく、自分が得意とする分野の中で、読者に読んでもらえる・需要がある・読者のためになる記事を選ぶ必要があります。

まとめ

blog_profit_03
blog_profit_03

これまでの記事の説明により、ブログにて収入が発生する仕組みをご理解いただけたかと思います。ブログはメディアの一種であり、そこに読者が集う限り、広告媒体としての機能を持ちます。また、セールスライティングの知識と技術を駆使して、物やサービスの販売を促進できれば、さらなる収益を生むことができます。

それでは最後までお付き合いありがとうございました。さようなら。

コメント