// // //

ペナンのボタニカルガーデンに行ってきた。(ペナン植物園:Penang Botanical Garden)【自然の中の朝のジョギング】

Botanicl_00R Life/Health/Hobby
Botanicl_00R
この記事は約4分で読めます。

ペナン島に観光で行かれた方は、美味しい料理でお腹をいっぱいにして、増えた体重を気にされている方が多いのではないでしょうか。地元の皆さんが行なっているように手軽にガーニードライブで海(今埋めてられていますが。)を見ながらジョギングするのもいいのですが、せっかくの機会ですから少し足を伸ばして、自然に囲まれたボタニックガーデンで新鮮は空気をいっぱい吸い込んで、ジョギングするのも素晴らしいです。今回はそんなジョギングに最適なペナン島のボタニカルガーデンを紹介します。

スポンサーリンク

ペナンボタニカルガーデン

Botanical_08
Botanical_08

ペナンボタニックガーデン(Penang Botanic Garden)は100年以上の歴史を誇る由緒正しい公園です。29ヘクタール の面積があり、自然あふれる公園です。他のブログ記事には、何にもないつまらない観光地との記述もありますが、ここは観光目的で訪れるべきところではないかと思います。早起きして、自然を楽しみながら、ジョギングできる方はジョギングを、そうでない方は散策を行うべきところかと思います。
また、Google Mapで英語で調べると、「Penang Botanical Garden」と「Penang Botanic Gardens」と言う2つの施設名がほぼ同じ場所にあります。どうやら、公園全体が「Penang Botanical Garden」でその中の施設の一つが「Penang Botanic Gardens」のようです。多くのブログ記事ではこの2つを混同して期日しているようです。
また、開業時間は、公園全体の「Penang Botanical Garden」が毎日、午前5時から午後8時までであるのに対して、「Penang Botanic Gardens」は午前8時から午後5時までで、週末は閉まっています。以下にPenang Botanic Gardensの公式サイトへのリンクを貼っておきます。

LINK:The Penang Botanic Gradens

スポンサーリンク

ペナンボタニカルガーデンへの行き方

Botanical_01
Botanical_01

基本的に車で行くしかありません。車がない場合(観光客の場合はほぼ自家用車はないかと思います。)は、Grabを使いましょう。ペナンの中心部のガーニードライブから車で15分ほどの距離です。日本ではあまり馴染みが無いGrabですが、使ってみるととても便利なことに築かれると思います。スマホと専用アプリさえあれば、基本的に英語が話せなくても、目的地に連れて行ってくれます。アプリのダウンロード、使い方は僕の別記事に詳しく解説していますので、(記事では、タイ国内での使用を例にしていますが、マレーシアでも同じです。)興味のある方は、以下のリンクから参照してみてください。
バス(市バス?)の10番路線でも行けるようですが、観光客にはちょっと難しいように思います。駐車場は以下の写真のようにかなりの駐車台数がありますので、朝早い時間であれば止める場所に困ることはないと思います。

Botanical_02
Botanical_02
スポンサーリンク

ペナンボタニカルガーデンの楽しみ方

Botanical_13
Botanical_13

前述の通り、特に観光施設があるわけではありません。早朝(季節にもよりますが、7時半前ぐらい)に訪れれば、木々に囲まれた自然ときれいな澄んだ空気と小鳥のさえずりがみなさんを迎え入れてくれます。また、100年を超える歴史を誇る公演だけあり、立派は巨木がたくさんあります。また、幾つものグループが想い想いの方法で体操やストレッチを楽しいでいました。

Botanical_10
Botanical_10
Botanical_14
Botanical_14
Botanical_09
Botanical_09
Botanical_11
Botanical_11
Botanical_12
Botanical_12
Botanical_15
Botanical_15
スポンサーリンク

まとめ

Botanical_06
Botanical_06

自然にあふれるペナンボタニカルガーデンの紹介でした。日頃の運動不足の解消がてら、たまには自然の息吹に触れながら運動するのもオツなものです。

それでは今回はこれぐらいにしようかと思います。最後までお付き合いいただきありがとうございました。さようなら。

コメント