// // //

英語での意思疎通には状況認識が重要です。【英語初心者が話せるようになるコツ解説】

Learning_00 Languages
Learning_00
この記事は約4分で読めます。

海外旅行に行って、たどたどしい自分の英語で外国人に話しかけて、初めて意思疏通ができた時は、とても嬉しいですよねでも一度意思の疎通ができたからといって、それ以降も必ずしもできるわけでは有りません。

その理由は個々の会話の場合においてそれぞれ状況が異なるからです。我々日本人が日本人同士で日本語でコミュニケーションを取っている時には、意識せずとも認識している事なのです。

しかし一転して会話が英語になると、英語に自信がない人ほど焦ってしまい、状況認識がおろそかになります。その結果、さらにコミュニケーションが取り難くなる負のスパイラルに陥りやすくなるようです。

ここので、状況の認識を容易にするため、いくつかのパラメーターを設定してお話を進めることといたします。お付き合いいただければ嬉しいです。

英語での状況認識のための2つのパラメーター

learning_003
learning_003

まず、前提状況として、みなさんは1対1で英語での会話を始めようとしているとします。相手は十分な英語力を持っている前提です。この場合のパラメーターは以下の2つです。

  • 話題の親和性:話題・会話の内容・トピックはみなさんが得意としている領域か、親しい領域か。
  • 相手の積極性:話相手は、積極的に会話しているか、会話内容をみなさんに理解させようと努力しているか。

上記の2つのパラメーターが大きいほど、つまり話題に対して知識があるほど、また、相手がみなさんとの会話・意思の疎通を強く望んでいるほど、お互いのコミュニケーションは確立しやすくなります。例えば、みなさんが日本でコンピュータ関連の仕事をされていて、海外旅行先で新しいコンピュータを買いにお店に行くとします。店員との英語での会話を考えると、店員さんはお客であるみなさんと何とか会話を成立させて、商売をしたいわけですから、多少みなさんの英語が聞き取りにくくても、何とか理解しようと努力するでしょうし、話しかける時も、みなさんが理解しやすいように、簡単な単語を使って、ゆっくりと話しかけてくれるでしょう。

その結果として、この場合、英語での意思の疎通は高い確率で成立すると考えられます。

また、逆の状況を想像するのは難しくないと思います。みなさんが親しくない・よく知らない分野の話題についての会話を、みなさんと積極的に会話したがらない、あるいは疎んじている相手とコミュニケーションを確立するのが容易ではないのは簡単に想像できると思います。

みなさんの中には、「こいつは何を当たり前のことを小難しく話しているんだ!」と思われる方がおられるかもしれません。ただ、僕がお話ししたいのは、そんな表面的なことではなく、もう少し掘り下げた事についてです。

ここで私がみなさんにお話ししたいのは、英会話で意思の疎通が成立した・成立しなかったという事実のみに対して一喜一憂するのではなく、その時の状況も考慮に入れて、冷静に・総合的に考えていただきたいという事です。さらに一歩進めれば、英会話が成立した時は、その時の成功要因(会話が成立できた理由)は何か、成立しなかったときは、その時の失敗原因は何かと考えていただき、次回の時には英会話が成立するように具体的に修正して改善していただきたいのです。

僕が一番に杞憂のは、状況分析もせず、会話が成立しなかったからと、みなさんが自分の英語に自信を失って、英語学習、しいては英語での会話そのものを諦めてします事です。たとえ会話が成立しなくても、その理由がはっきりわかっていれば、それほど落ち込まずに、再度チャレンジできるのではないでしょうか。最悪なのは、一度の失敗により、全てを否定して全くヤル気を失ってします事です。

「勝ちに偶然の勝ちは当ても、負けに偶然の負けはなし。」と言います。つまり、失敗には必ず、それなりの原因があるという事です。また、失敗の原因さえわかれば、次回はその原因を取り除く事で、成功につなげる確率が飛躍的に高くなります。失敗しても全く問題ありません。重要なのは失敗を糧として、それを元に失敗の原因を分析、排除して、次の成功に繋げればいいのです

ちょっと、抽象論的・精神論的になってしまいました。ただ、イメージ的に僕の言いたい事はわかっていただけたのではないでしょうか。最後に以下に結論をまとめますね。

結論

agree_01
agree_01
  • 英会話の状況分析には2つのパラメータがある。
  • それらは、話題の親和性と相手の積極性である。
  • 英会話の結果だけで、一喜一憂してはいけない。
  • 英会話が成立しなければ、その原因を追及すべし。
  • 原因がわかれば、それを排除して次の成功に繋げるべし。
  • 一度や二度失敗したからと言って、腐って諦めてはいけない。

最後までお付き合いありがとうございました。また、英会話の上達には度胸が大切ということを別記事で説明しています。【断言します】海外赴任の英語で一番大切なのは度胸です。よかったら、一読してみてください。それでは、さようなら。  



コメント