// // //

バンコクの激安快適コワーキングスペース紹介(TCDC)【ミーティングルームの予約もネットで可能に!】

TCDC_03 Overseas
TCDC_03
この記事は約5分で読めます。
TCDC_01
建物全景 建物自体はバンコク中央郵便局

こんにちは、みゆきメダカです。今回は僕が駐在しているバンコクでごきげんな勉強・仕事スペースをご紹介します。お付き合いいただければ嬉しいです。

TCDC_02
TCDCの入り口

バンコクで働かれているみなさん、タマの休みに勉強でもと思っても、なかなか落ち着いて勉強に集中できる場所が無く、お困りではありませんか。以前の僕はそうでした。でも今は違います。と言うのも、とっても良いところを教えてもらったからです。それが今回皆さんに紹介するThailand Creative and Design Center(略してTCDC)です。

タイトルでは、コワーキングスペースと言っちゃいましたが、正確にはデザイン教育に特化した公共施設の図書館部分といったところでしょうか。有料ですが年会費1,200バーツ(約4,200円)だけです。月に直したら100バーツですので、スタバのコーヒー一杯より安いですね(笑)。

場所は以下の地図をご覧ください。バンコクにお住いの方はわかるかと思いますが、最近オープンしたサイアムアイコン(高島屋さんが入っているとっても大きなショッピングセンター)のチャオプラヤ川を挟んだ反対側です。

上の写真にある立派なバンコク中央郵便局の建物の左隅にTCDCの入り口があります。ロビーを入って少し入り込んだ右手にあるリフトロビーからリフトで5階に上がり、少し曲がりくねった廊下を進むと受付ロビーがあります。

年会員になりたい旨を伝えて、パスポート・連絡先などの伝え年会費を払うとその場で写真を撮ってくれて登録してくれます。そうするとQRコードが送られてくるので、エントランスのゲートの前の読み取り機にかけると入場が許可されるようになります。確か1日あたりの使用料金は100バーツだったような気がしますが、僕は初めていった時は、年間会員になりたいので、見学させて欲しいと申し入れると、無料で入れてくれてゲスト用のWifiのパスコードも教えてくれました。職員さんたちはみんな若くて親切で、英語も堪能でした。

5階から見下ろした4階の閲覧席(Resource Center)
TCDC_05
閲覧席の様子、奥にはデザイン関係の書物が5万冊あり、自由に閲覧できる。

上の写真が閲覧席の様子です。そこそこ速いWifiがあり、電源も用意されています。また、数台iMacとWIndowsPCが用意されていて、空いていれば自由に使えます。写真を撮った時は開館してすぐだったので、あまり人がいませんが、週末はそこそこ人がいます。デザイン関係を学んでいる学生さんがほとんどで、皆さん真面目に静かに勉強されているので、集中するにはとても良い環境です。また、飲み物の持ち込みは許されていますが、食べ物の持ち込みは禁止されています。

また、バンコクのこの手の施設にありがちですが、長袖のシャツを着ていても寒く感じる時があります。日によって違うのですが、長時間の作業を予定している方は上着を持っていかれることお勧めします。

ミーティングルーム(Creative Room No.2)

またタイトルにもある通り、最近、上の写真にあるミーティングルーム(同じような部屋が2部屋あります。)の予約や予約状況の確認がインターネットでできるようになりました。年間会員だと1年間に2回(それぞれ2時間以内)までは無料。それを超えると時間あたり150バーツかかります。

TCDC_06
デザイン関連(Webデザインや自動車のデザインの本もある。)の本(基本英語)がびっしりの開架式本棚
TCDC_07
日本語の書籍少し有ります。
TCDC_10
5階にあるデザイン関係の雑誌の開架式本棚。

上の写真にあるように、デザイン関連の書籍は英語ですがかなり豊富に有ります。自動車やバイク、Web関連の本もあります。また、ごく一部ですが、日本語の本もありました。

バンコク以外にもチェンマイなど計4カ所に施設はあるようです。
5階にあるカフェ
一般に開放されているスペース。電源はここのテーブルの下にあるので、自前のインターネットへの接続があれば、ここでも作業可能

上の写真のスペースは会員でなくても利用可能です。自前でインターネット接続でき、出張・旅行などでの短期の滞在であれば、ここでも良いかもしれませんね。

また、バンコクの中心部から離れているから不便だと思われる方もいらっしゃるかと思います。(僕的には、住んでるとこからと保険なので、問題ないですが。)そのような方に耳寄りな情報があります。

実はTCDCの会員になるとエンポリアム(バンコクの公共交通機関BTSのプロンポン駅に隣接されているバンコクでは有名なショッピングセンター)の5階にある同じような施設のAIS DCも同様に利用可能になります。ここは立地条件が素晴らしく良くアクセスが便利なため、時間帯によってはかなり混んでいて席を探すのに苦労することもあります。以前はここもTCDCを名乗っていたのですが、AIS(タイの最大手の電話会社)がスポンサーになったのか、名前が変わっており、TCDCの会員だと、別の会員番号を作らされて、行くごとにWifiの申請をしなければいけません。(簡単ですが。)

以下は今回ご紹介したTCDCの諸情報です。

  • 名称:Thailand Creative & Design Center (TCDC)
  • 住所:The Grand Postal Building 1160 Charoenkrung, Bangrak Bangkok 10501 Thailand
  • 電話番号:(66) 2 105 7441
  • メールアドレス:library@tcdc.or.th
  • 営業時間:午前10:30から午後9:00(毎週月曜日は閉館)
  • 公式サイト(英語):https://web.tcdc.or.th/en/Home/
  • 最寄りの公共交通機関:BTS スパンタクシン駅 徒歩15から20分 MRTフアランポン駅 徒歩3から5分 リバーボート シープラヤ桟橋 徒歩5分

最後に近くで食事ができるところを示した地図を貼っておきます。一部タイ語でごめんなさい。https://web.tcdc.or.th/pdf/food-around-tcdc.pdf

いかがだったでしょうか。この記事がみなさんの快適なバンコクライフの一助になれば、嬉しいです。それでは最後までお付き合いありがとうございました。

コメント

  1. […] LINK:TCDC記事 […]